30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【ラオス】ビエンチャン 病み上がりのビエンチャン観光

更新日:



          

2018.3.16

 

ブログを見ていただいてありがとうございます!

 

Tocoです!

 

 

 

早めに点滴をしてもらったおかげか、なんとか復活いたしました!

 

まだ胃の調子はよくないけど。

 

 

はー、よかった。

 

Yu君には助けられました。

 

朝起きたとたんに私の発熱を察知。

 

 

寝ている間に病院にいく手続きをすべて整えておいてくれた。(病院に行くためのトゥクトゥク用に両替までしてくれていた。)

 

頼りになります。ありがとうございます。

 

 

 

ビエンチャンも滞在は長くないけど、特にやることもないかなーという街。笑

 

 

元気があれば、すこし郊外のブッダパークというところに行ってみたかったのですが、病み上がりなので徒歩圏内で観光することにしました。

 

 

まずは朝食兼昼食で、ホテル近くのローカル食堂へ。

 

私はお腹に優しそうな、カオピヤックセン(ラオス風うどん)

見た目より味がしっかりしている。おいしい!

 

Yu君はカオソーイ。

チェンマイで食べたカレー麺のカオソーイとは全くの別物!

 

 

 

 

向かったのは、ビエンチャンにある凱旋門、パトゥーサイ!

 

ビエンチャンのランドマーク的存在です。

 

 

ビエンチャンの街中を通る、大きな道路を跨いでいます。

パリの凱旋門を参考に作られたそうですよ!

 

パトゥーサイの周りは広場になっていて、噴水もありましたが今日はおやすみなのかしら、、、?水は出ていませんでした。

 

パトゥーサイをくぐる時は、必ず天井を見て下さいね。

 

 

Yu君は、帽子をかぶっていたせいか、この美しいレリーフに気がつきませんでした笑

 

 

 

この旅を始めて、大好きになったプルメリアの花。

宿のオーナーからラオスの国花だと教えてもらった。

本当にそこら中にプルメリアが咲いていて、きれいなお花が落ちていたらついつい拾ってしまう。

 

匂いも優しくってかわいいお花。

北海道で育つ花なのかな?お父さんに聞いてみよう。(植物博士扱い

 

 

そしてパトゥーサイは上に登ることもできます!(1人3000キープ 39円)

 

 

写真はないのですが、パトゥーサイの内部は、外からは想像できないような景色が広がっています。

なんとこの内部にはお土産屋さんがひしめき合っています笑

 

 

少しのスペースも無駄にしない。笑

 

 

でも商品が並んでいるだけで、お店の人がいなかったり、まったく活気がありませんでした。

 

 

上からの景色。

ビエンチャンの街が一望できます。

 

この交通量の少なさ。たまりませんよね(アジア疲れか

 

 

 

 

その後は雑貨屋さんを見て回ったりして、一度宿に戻りました。

 

お寺とかあるけど、ちょっともういいかな。(アジアを旅している以上お寺からは解放されない。)

 

 

 

夕方からは、メコン川に沈む夕日を見るべく、景色のいいレストランへ行きました。

 

 

 

 

トリップアドバイザーで、世界第三位のルーフトップバーに選ばれたらしい。

 

 

センタワン リバーサイドホテルの屋上にある、マジェステイックビューレストラン。

世界3位なんて言われちゃったら、さぞかし人気店なんだろうと思い、サンセットの2時間前をめがけてレストランに向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もいない。笑

 

 

張り切りすぎて恥ずかしいやつじゃんこれー。

 

 

 

ばっちりベスポジゲットです。

 

 

(結局サンセットの時間もお客さんはちらほら、程度でした。)

 

 

お腹の調子も考えて、ラオス料理のセットを2人で頂きました。

 

メコン川の向こう側は、もうタイなんです。

 

日本にはない不思議な感覚。

 

 

下手したらメコン川泳いで国境越えできそう。

 

 

 

タイ人のみんなーーー!元気ですかーー!!!

 

こっちの空気はいいぞーーー!!!(本当に臭くない)

 

 

ゆったりとサンセットが見られました。

 

 

その後は、メコン川沿いに開かれるナイトマーケットへ。

 

アジアはどこでもナイトマーケットがあるなあ。

 

また、タイとかカンボジアで売ってたようなものが並んでるんだろうな、象柄のポーチとかズボンとかさっ

 

 

と、期待せずに歩いていると

 

 

ちがう、ちがうよ

 

 

ラオスは違った!!

 

 

(同じものも多いけどね)

 

 

私を一瞬にして虜にした、名付けて『働く女刺繍』。

 

かわいすぎ。だめ、買う。

 

 

値段交渉の末、35000キープ(450円)でした!

 

常備薬入れに使うんだー♪

 

 

荷物を増やさないのもそうなんだけど、やっぱり欲しいものは買って歩きたいなー。

 

男性にはわからない感覚かも笑

 

 

 

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-ラオス
-, ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.