30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【トルコ】カッパドキア トルコの伝統手芸 オヤとの出会い

更新日:



2018.7.6

 

 

ブログを見ていただいてありがとうございます!

 

 

 

Tocoです!(●^o^●)

 

 

 

カッパドキアのギョレメの街にしばらく滞在して

 

 

とっても素敵なお土産屋さんに巡り会いました!!

sponsored link



なんとなーく入ったお店がドツボで!!

 

 

 

Yu君ほったらかしで夢中で見ていました。

 

 

 

お店の場所ははっきりしないんだけど、バスターミナルの前の道沿いだったはず。

 

 

 

 

 

レース編みのアクセサリーがところ狭しと並べられていて

 

 

お店の奥ではトルコ人のお母さんが、せっせとレース編みをしています。

 

 

 

元々編み物が好きで、レース編みもかじっていた私は、お母さんの手元に釘付けになりました。

 

 

 

お店のものの多くはお母さんが作った物らしく、

 

 

たくさんのデザインのアクセサリーが並んでいます。

 

 

 

特に私が惹かれたのは、ビーズが一緒に編み込んであるブレスレット。

 

 

 

いろんなデザインのものがたっくさん!!

 

 

選べない、選べないよー!!!笑

 

 

 

また来よう、と決意してこの日購入したのがこの2つ。

 

 

 

えっ、かわいくないですか?笑

 

ひとつ10リラ(240円)

 

 

 

 

 

この時は、『まぁ、レース編みだしねー、何処にでもありそうっちゃありそうだわねー』と言ってたんだけど。

 

 

 

 

あとから、トルコの伝統手芸のオヤだということがわかったんです!!

 

 

 

そうなると!!愛着が!!でちゃう!!

 

 

 

正直トルコではオヤと呼ばれているだけで、レース編みには変わりないんだけど笑

 

 

 

トルコでは、子供の頃からオヤを教わって、手先が器用なことがお嫁さんになるためのポイントなんだってー!

 

 

オヤにも色々種類があって、お花の形に編むイーネオヤ、日本ではタティングレースと呼ばれているメキッキオヤ、ビーズを編み込んでいくボンジュクオヤなどなど。

 

 

私は元々お花のレース編みをかじっていたので

 

 

ビーズのボンジュクオヤがやってみたくて仕方がない。

 

 

 

ウズウズ。

 

 

 

 

糸と、ビーズと、レース針が欲しい。

 

 

 

 

ギョレメには、オヤストリートと呼ばれるオヤ屋台が並ぶ通りがあるらしく

 

 

 

場所はわからないけど探してみることに!!

 

 

そこにいけば、糸やら針やら買えるかも!

 

 

 

 

バスターミナルを起点として、今まで歩いてない道を探してみたら

 

 

これかーーー!このお店の向かい辺りに並んでるはず


残念ながら、ほとんどの屋台はあいてなかったけど

 

 

一つのお店のに吸い込まれました。

 

 

 

そこはブレスレットが5リラ!!(120円)

 

 

大作のネックレスは20リラ〜(480円)と激安。

 

 

 

横でせっせとオヤを編むお母さん。

 

 

そんなに安くていいのー?

 

 

ブレスレット4つとネックレス1つ購入。

 

 

 

 

お母さんに、

 

 

『オヤを編んでみたいんだけど、糸とかビーズとか、どこで買えるの?』

 

 

と聞いてみると

 

 

『買いに行くのは難しい』

 

 

と。

 

 

残念。イスタンブールに戻ったらあるかな〜とか考えてると

 

 

 

『好きなの選びなさい、分けてあげる』

 

 

と!!

 

 

 

糸に既にビーズが通ってる物のセットがたくさん!!

 

 

 

ピンクのビーズのと、留め具になる目玉(トルコのお守り)3つと、編み針をセットで20リラ(480円)で譲ってくれました!

(編み針日本製でなんか嬉しい)

 

 

これでオヤ編めるーー!!めっちゃうれしい!!

 

 

 

 

しかもお母さん、『最初だけやってあげるから見てなさい』と椅子ポンポン。

 

 

編み方教えてくれたーーー!!

 

 

 

やさしーーー!!

 

 

 

お母さんありがとう!!!

 

『あなたのママに見せてあげなさい』とニッコリ。

 

 

 

はぁ。まじでトルコ人の優しさ。なんでなの。

 

 

 

 

ホテルに戻って、無心でオヤを編みました。

 

 

 

楽しすぎる…久しぶりだ…この感覚…。

 

 

 

あっという間に一つブレスレットができました。

 

 

そして、もっと色んな色の糸とビーズが欲しくなる私。(材料集め大好き)

 

 

 

イスタンブールに戻り、グランドバザールの奥の方にある問屋街で手芸用品屋さんを探しに行きました笑

 

 

 

問屋街は広すぎて!!まるで迷路!!

 

服ゾーン、靴ゾーン、引き出物ゾーンなどなど…

 

 

オヤは元々、頭にかぶるスカーフの縁飾りからきてるそうなので

 

 

スカーフゾーンで聞き込み。

 

 

カッパドキアのお母さんに貰った糸とビーズを見せてみる。

 

 

すると、あっちに曲がれ〜と教えてくれて。

 

 

曲がった先は、なんとなく手芸用品ゾーン!!

 

 

リボン屋さんに入ると

 

レース糸屋さんのお店の名前を教えてくれた!(メモくれた)

 

 

見つけたよ、レース糸屋さん!!!

 

 

 

糸で溢れておる…

 

幸せ。

 

 

 

お母さんに貰った糸と同じやつ。

ひとつ1.5リラ(35円)と激安!!!!

 

日本の何分の一だろう…

 

買い漁りたい気持ちを抑え、3色厳選。

 

 

ところでここにビーズはありますか?

 

 

 

ビーズは別の店…!!!

 

 

ビーズ屋さんのお店の名前をメモしてもらい

 

 

再び彷徨う。

 

 

 

ビーズ屋さん発見!!

 

 

でもやはり問屋さんだからね…

 

 

売ってる単位がかなり大きくて。

 

一色のビーズで1キロくらいで売ってる。

 

 

バラ売りはしてもらえないみたい。

 

 

悩んでいると、Yu君がいい物見つけてくれた!!

 

 

 

余りなのか、なんなのか?

少量多色のビーズがセットになった物!!

 

 

10リラ!(231円)

 

 

遊びでやってる私にはぴったり!

 

 

 

糸にビーズを通す針も購入して。

 

 

 

最後にブレスレットの留め具になる目玉ビーズがほしいんだけど…

 

 

 

帰る途中で偶然みつけてゲット!

 

 

 

完璧〜!

 

 

 

 

帰ってビーズを広げるとこんなに沢山入ってた!

 

 

 

まずはこんな組み合わせで通してみました。

 

 

Yu君にひとつ編んでプレゼント!(昔から私の作った物身につけてくれる人笑)

 

 

また荷物を増やしてしまったなぁー笑

 

 

 

私の手芸ブームには波があるので、いつまで続くかわからないけど笑

 

 

ひまつぶしに最高です\(^o^)/

 

 

カッパドキアの思い出!!ありがとーう!!

 

 

sponsored link

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-トルコ
-, , , ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.