30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【インド】ジャイプール 世界遺産アンベール城観光!移動は安いローカルバスがオススメ!

更新日:



2018.6.7

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

Yuです!

 

見どころ満載!?

なぜか1日があっという間に過ぎていくジャイプール。

 

宿の居心地も良いし(エアコン完備)。

 

 

 

 

でも宿でダラダラするわけにもいかない!

 

 

ジャイプールに来たからには

 

世界遺産のアンベール城

 

 

これは絶対見るべき!!

歩いて行けるなら行きたい所ですが、

アンベール城は郊外にあります。

日本ではまだ暑くもない6月の頭でも

インドの暑さは半端ないです・・・。

sponsored link


 

バスで行くという選択

 

ジャイプールの世界遺産であるジャンタルマンタル。

 

ジャンタルマンタル観光の記事はこちら

【インド】ジャイプール ピンクシティ観光《シティパレス・ジャンタルマンタル編》

 

こちらは街中にあるので比較的行きやすい。

僕らは宿から歩いていける距離にありました。

(とは言え30分以上は歩いたかも)

 

 

しかし!

 

 

アンベール城は街から離れた所にあるので、

歩いて行けるような所ではない!

僕らはいつも歩いていたんですが・・・。

 

ニュージーランドでは

【ニュージーランド】4日目 世界遺産アオラキ マウントクックでトレッキングしました

ベトナムのダラットでは

【ベトナム】ダラット 主要観光スポットを歩いて観光!本格コーヒーのオシャレカフェとローカルデザートも!

ネパールのパタンでも

【ネパール】世界遺産カトマンズ パタンに歩いて行ってみた

 

得意のolaも使えるけど、

olaについてはこちら

【インド】インドで配車サービス Ola(オラ)をおすすめする理由!

もっと安く行ける方法

 

ローカルバスです!

 

現地人に混じって乗るバス。

どこに行っても安いもんです。

行けるか不安でしたが、行けました。(笑

 

ちなみにolaで値段だけ検索してみると

宿からアンベール城まで120ルピーぐらい。

 

まぁまぁ安い・・・笑

人数がいて割り勘だと楽だしいいかもしれません。

 

宿からバス停までの長い道のり

 

宿でアンベール城に一番近いバス停をGoogleMapで見つけ、

 

そのバスが通りそうな所をたどって

 

宿に近そうなバス停がここ

 

シティパレス裏のバカでかい

Tal kotara lakeの近く。

 

宿からはGoogleMapによると歩いて20分

 

ここでバス停までリキシャ使ってたら全然意味がない!

というわけで歩いて行きます。

 

途中湖での1枚

 

キレイなんだか汚いんだか。

 

 

そしてひたすら歩くこと30分。

GoogleMapのルート検索通りについたことはありません。

 

 

バス停はどこ?

 

ついたはいいけど、

スタンドらしきものがない。

 

写真は撮ってないけど、近くに門があります。

 

 

 

え?まさかなくなった?

 

 

 

バス停の示すところには飲食店

 

 

とりあえずお店の人に聞こう。

 

 

と思ったらひょこっと

そこのお店のおじさんが近づいて来る。

 

 

・・・。

 

 

 

やっぱりバスはここに来るらしい。

 

アンベール城に行くことを伝えると

 

 

おじさん「5のバスに乗れ」と。

 

おうサンキュー!!

 

と、話してるとインド人数人がわらわらと寄ってくる(笑

 

 

そんなに待たずにバスがきて

これだこれだとおじさん。

 

 

乗り込んでから見ると手を降ってくれました(笑

 

世話好きなインド人。

 

無事バス乗車!

 

本当に行けるかは分からないけど

バス運転手も「アンベール!アンベール!」って言ってたので大丈夫でしょう!

 

ローカル感漂うバスに揺られて

 

乗った時には座れるぐらいの余裕がありました。

席はバスの内側を囲うようにあるだけ。

真ん中はたち乗り。

 

さすがに外国人は誰もいない。

 

無駄にジロジロ見られます。

 

ジロジロ見てくるおばさんに愛想笑い

 

 

 

 

微動だにしねぇ・・・。

 

 

 

 

しばらくすると学生らしきインド人やらでバスはぎゅうぎゅうに。

座れて良かった!

 

 

 

でもこれ

 

 

お金はいつ払うのか。

 

 

そもそもいくらなのか。

 

事前情報では10ルピーでいけるとのことでしたが、

乗る場所も違うし。

 

バスに揺られること、20分ぐらい

 

 

水の宮殿 ジャルマハルを通る。

 

アンベール城と方向が一緒なので

行く人が多いと思うけど、

僕らは

 

 

「あーこんな感じねー」

 

 

バスから眺めるだけ(笑

中に入ることができるわけじゃないしね。

 

そこから更に5分ぐらいで到着!

ドライバーに

 

20ルピー(1人10ルピー)をさっと渡す。

 

ちらっと見てなにも言わず。

 

 

あってた(笑

 

ここでは最後にドライバーに払うパターンでした。

 

 

期待以上!世界遺産アンベール城!!

 

ついてからビビりました。

そのデカさ!

え、こんなにでかいの!

 

もしかしたらタージマハルより衝撃?(笑

 

でも

 

これどうやって登るんだ・・・。

 

また炎天下の中階段?

 

進んでいくと

 

こんな看板

 

牛がこんなしてるから大丈夫だろ

 

そしてやっぱり階段。

ヤギと上がります。

 

 

でも意外とすぐに上がることができました!

中に入ると

観光客がたくさん!

 

みんなどうやってきた?って感じでした(笑

 

このアンベール城

イスラムの様式とラジャスタンの伝統的な様式が合わさった建築らしいです。

2013年に世界遺産に登録されているらしいので割と最近なってる。

 

この近くにチケットカウンターがあり、前日に買ったコンポジットチケットで入場。

 

カウンターを過ぎると回廊

ちょっと一休み。

 

その正面には

ガネーシャ門

世界一美しい門と言われているらしい。

確かに美しいけど。

 

世界一は大きくでたなー(笑

 

しかし、

 

 

ここでもインド人に写真を求められる。

 

 

門をくぐると鏡の間

 

これはめっちゃ綺麗です。

 

 

もう少し奥に行くと

中は迷路みたい。

 

途中眺めがいいところで

 

 

警備員が手招き

 

写真とってやると

 

パシャ パシャ パシャ

 

4ショット適当に

 

 

チップ

 

 

ばかやろう(笑

 

 

そんな適当に撮られて渡すか(笑

振り切る。

適当に撮られた1枚。

 

だいぶ疲れてきたので降りていく。

 

 

途中真っ暗な美術館で一休み。

 

 

大きな鍋!

昔はこれでカレーを作ったのかな?

 

 

だいたい1時間ぐらい見学。

 

とりあえずジュースで休んで

また階段を降りていきます。

 

 

次はアルバートホールに向かいます。

 

バスでアルバートホールへ!

 

場所はこちら

 

近くのバス停はramniwas bagh。

公園です。

 

ここまでは通っていそうと思い

バスで向います!

 

バス乗り場らしき所まで戻るとリキシャの勧誘

無視してバス運転手にその公園まで行くか聞く

 

yu「ラムニワスバッグ?」

ドライバー「イエス ラムイニワスバッグ○×※△□!」

行ける!!言い方あってた!

 

てなわけで乗り込む。

 

今度は運転手の他にもう1人

私服のおっさん

 

みんなその人にお金を渡している。

 

おっさんが近づいてきたので

食い気味に場所を伝えながら

行きと同じ20ルピーを渡すと

 

4ルピー足りなかったらしい。

 

1人12ルピー。

行きより少し遠いから高め。

どうやって値段決めてんのかわからん。

 

行くときに乗った場所からしばらく進み。

 

GoogleMapを見ながら近くまで行きます。

 

降りる素振りをしていなかった為か

 

勢いよくそこのバス停らしきところを通りすぎる。

 

やべっ

全然教えてくれねぇ。

 

 

慌てて立ち上がり、しばらく走ってから止まりました(笑

 

バス停から公園に入ってずーーっと真っ直ぐ。

歩くと意外と遠いですがなんとか到着できた!

 

ここでもコンポジットチケットが使えます。

中に入ると

不思議なお面

 

置物。

 

 

怖い絵

 

孫の手・・・かな?

 

これは・・・?

など

 

 

アンベール城を見たあとだからか

 

 

イマイチ(笑)

 

 

またサクッとみて終わりました!

 

そして今日の任務終わりーっと。

やっぱり暑いので早めに帰ります!

Olaで!

 

 

宿ではレストランもついてたり

 

食事も部屋に持ってきてくれたり

 

最高です(笑)

 

なかなかいいぞジャイプール!

sponsored link

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-インド
-, , , , ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.