30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【インド】ジャイプール ピンクシティ観光《シティパレス・ジャンタルマンタル編》

更新日:



          

2018.6.6

 

ブログを見ていただいてありがとうございます!!

 

 

Tocoです(●^o^●)

 

 

 

昨日、ジャイプールに到着し、フカフカベッドでぐっすり眠れました〜。

 

 

ホテルの質は大事。

 

 

 

ジャイプールは見どころ多し!!

 

余裕をもって4泊する予定ですが、今日から早速モリモリ観光して行きます!!

 

sponsored link



まず向かったのはシティパレス!!

 

 

ホテルから歩いて30分くらい。

街中がだんだんピンク色?になっていきます。

ジャイプールがピンクシティと呼ばれるようになったのは、このピンク色?の建物がたくさんあるから!

 

こえは1876年にインド皇帝となった、アルバート王子がマハラジャ一家の歓待を受けたときに、市街の建物をピンク色に塗ったんだって。

 

 

シティパレスは、18世紀にサワーイー・ジャイ・シング2世(誰じゃ)別名マハラジャ(それはよく聞く!!)によって建てられた宮殿。

 

 

 

 

ラジャスタン様式(ジャイプールはラジャスタン州というところにある)と、イスラムのムガール様式が融合しているらしい。

 

 

王族の住居として使われていて、今でも建物の一部に王族が住んでいるんだけど、建物の大半は博物館になっていて、一般公開されているんです。

 

 

入場料は1人500ルピー(803円)です。

他に、ロイヤルパレスツアーっていって、王宮の方?を見られるガイドツアーがあるけど、2500ルピー(4015円)だって。無理っす。

 

大人しく500ルピー支払い、入場〜。

 

 

おおっ。

 

美しい…

 

 

 

 

 

ん?

 

近くで見るとちょっと残念。

描きました感。

 

 

こちらは白亜の迎賓館。

今は博物館になっています。

 

 

チャンドラ・マハル

ここが現在の王族の住居。入れません。

 

 

 

中庭には

 

孔雀の扉!

 

これは美しい〜!!

 

写真スポットのようで、各国の女性たちがものすごくカッコいいポーズでずーーーっと門を占領して写真を撮ってた。

 

 

 

一人の女性に、一緒に写真撮って〜と言われたので、いいよ〜と撮ったけど、私棒立ちしか出来なくてごめんねー。

 

 

ディスワニ・カース

 

 

これは世界一大きい銀製品としてギネス記録になったらしい壷。

 

この壷は、マハラジャがイギリスに行くときに、ガンジス川の水を入れて持っていって、イギリスでも沐浴できるようにって作られたんだって!

 

 

頑な〜!!!

 

 

 

と、こんな感じのシティパレス!!!

 

 

お次に向かったのは、シティパレスのお向かいさんのジャンタルマンタル〜!

 

 

Yu君が楽しみにしてた所。

 

 

ここでコンポジットチケットを一人1000ルピー(1605円)で購入。

これはジャイプールの観光地の総合チケットで、行きたい場所の数によっては元取れます!!二日間有効です!

 

 

ちなみにさっき行ったシティパレスはこのチケットでは入れません。

 

 

 

さて、ジャンタルマンタルとは何かというと、一言で言えば天文台!

 

 

中には大きな石造の天体観測儀がたくさんあります。

 

 

ちなみに世界遺産!

 

 

いろんな種類があるけど

なにでどうやって何を測っているのかはちんぷんかんぷん。

 

よく見ると目盛りがふってあったりして、影の位置から日の高さや時間を割り出しているみたい。

 

 

同じような観測儀が12基並んでいるのは、星座別。

お、牡牛座はっけーん。

 

 

蟹座はっけーん。

 

(そのレベル)

 

 

 

 

Yu君は興味津々で

『おんもろーーー!』

と嬉しそうでした笑

 

リスがいっぱいいた!!

 

 

今日はもう二ヶ所見たいもんでね!!

 

 

長くなるので別記事に分けます(●^o^●)

 

第二部はコチラ

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-インド
-, , ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.