30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【モロッコ】マラケシュから2泊3日でサハラ砂漠ツアーに行ってきました!《後編》

投稿日:



2018.10.18

 

 

 

ブログを見て頂いてありがとうございます!!

 

 

 

Tocoです(^^♪

 

 

 

マラケシュから2泊3日でサハラ砂漠のツアーに参加しました!

 

今回の記事は後編です!

 

前編はこちら

【モロッコ】マラケシュから2泊3日でサハラ砂漠ツアーに行ってきました!《前編》

 

 

いよいよサハラ砂漠に向かって走ります!!!

 

sponsored link


 

 

朝食後、出発!

 

 

朝7時から朝食、8時出発ということで、今日も早起きです。

 

 

相変わらずモロッコの朝食はパンばかりです笑(写真無かった)

 

 

早々に準備をして、ホテルの外に出てみると、

 

 

 

ど~~~~~ん

 

こんな岩の中に居たんだ!!!

 

 

昨日は真っ暗で何も見えなかったからびっくり。

 

 

 

時間通りにバンは出発しました!

 

 

ティネリール・トドラ渓谷観光

 

 

休憩をはさみながら、昼頃にティネリールの街に到着。

 

 

街と言っても…ここ何??

 

 

 

なんか畑のような田んぼのような畦道の脇。

 

そこでガイドが現れ、ベルベル人が働く集落を案内してくれるという。

 

ベルベル人とは、北アフリカに古くから住んでいる民族。

 

モロッコにはまだまだ多くのベルベル民族が住んでいます。

 

ちなみにベルベル人の女性を見かけても、写真を撮らないようにと注意されました。

 

 

このガイドさんも何か国語も話せて、新しい日本語も覚えようと私たちから勉強していました。素晴らしい!

 

奥さんは4人いるそうで、ガイド中も何度も電話がかかってきて

『次は2番目の奥さんだ』『今度は4番目だ』と忙しそうだった笑

 

 

 

このベルベル人が働く集落には、色々な植物がありました。

 

オリーブやザクロ、デーツなど。

 

乾いた土の場所も多く、このような土地でも育つ植物を一生懸命に育てて生活しているようでした。

 

 

 

ロバも頑張って働いています。

畦道を歩いていると、どこからともなく子供が現れて

 

 

葉っぱで作った折り紙のようなおもちゃをツアー客に渡そうとしていました。

 

そういったことでもお金を稼いでいるのか、子供たちのお小遣い稼ぎなのかはわからないけど。。

 

 

畑を見終わった後は、集落の街の中を歩いていきます。

 

 

こちらも迷路のような道で、ただただ着いていくしかないんだけど

 

 

たどり着いた先は

 

 

 

 

絨毯屋さんでした笑

 

 

 

ミントティ―を飲みながら話を聞きます。

そこのベルベル人の店主は聴きやすい英語でゆっくりと絨毯の説明をしてくれました。

 

 

日本で買えば高価なのであろう、半年もかけて織りあげた絨毯。

 

とっても素敵なものが多かったけど、さすがに持って帰れないので買えません。

 

 

一泊目、立派なホテルに泊まったカップルだけが購入していました笑

 

 

 

その後、またバンに乗ってすぐの所にあるトドラ渓谷に立ち寄りました。

 

 

ここには有名な日本人宿があるらしく、世界一周旅行者の中では有名な場所です。

 

 

 

トドラ渓谷には、川が流れていて水がとっても綺麗。

 

この辺には、ノマドと呼ばれる民族も住んでいて、

 

崖の上から3時間かけてこの谷に水を汲みに来て、4時間かけて崖の上に戻っていくそうです。

 

 

崖下には潰れたレストランがたくさんありました。

 

ランチタイム

 

トドラ渓谷の観光が終わった後は、お昼ご飯のためのレストランへ。

 

 

ここもまた高いメニューばかりで・・・

 

 

私たちは100dh(1170円)牛串のセット(サラダやフライドポテト付)を二人でシェアしました。

タジン続きだったのでこれは結構おいしかった!!

 

 

いざ、サハラ砂漠へ!!!

 

 

その後は休憩をはさみながら、サハラ砂漠へ向けてどんどん進みます。

 

 

 

バンが進むにつれて、赤土の荒野が広がってきます。

 

 

サハラ砂漠に近づいているという実感があります。

 

 

みんな、声には出さないものの

 

バンの中のテンションが上がってくるのがひしひしと伝わってきます。

 

 

そうだよね、みんなこれ目当てできてるんだよね。

 

 

そしてついに夕暮れ前。

 

サハラ砂漠ツアーの出発地となるメルズーガという街の小さなホテルに到着しました。

 

 

 

一泊分の荷物だけ持ち、(私たちはリュックそのまま)バンを下ります。

 

 

 

テンションの上がったツアー客(私たち含む)は、早くも頭にスカーフを巻き合ってキャッキャしています。

 

 

 

約3台分のバンがこのホテルに到着し、同じキャンプへ向かうようです

 

 

 

 

ホテルの裏口から外に出ると、そこはもうサハラ砂漠!!!

 

大量のラクダちゃんたちがお出迎え!!

 

 

 

 

人生初のラクダ乗り!!乗り心地は!?

 

 

GoProを落とさないようにチェーンでつなぎ、誰よりも早く準備完了の私たち。

 

が、周りの人が次々にラクダに乗っていく中私たちはぜんっぜん呼ばれない。

 

 

最後の5人になったとき…

 

 

あれ??

 

 

 

 

 

 

ラクダ足りなくね?????

 

 

 

 

 

人が5人いるのにラクダは3頭しかいない。

 

 

どゆこと??

 

 

 

結局私たちにラクダはあたらず。

 

 

 

どーしてくれんのよ、と思ってたら

 

 

 

『歩いて行ったところでラクダがまだいるから、そこまで歩いて行ってくれ』と。

 

 

アジア人なめられてんのかなあまじで笑

 

 

 

仕方なく歩くけどさ。

 

ラクダの行列の横を、私たち二人必死で歩く。

 

砂に足を取られてすごく歩きづらい~…

 

だんだん腹立ってきた(おい

 

15分程歩いた頃、やっと向こう側から歩いてくるラクダちゃんたちを発見!!

 

 

 

やっと乗れる~~~!

 

GoPro係の私が前のラクダにのって、Yu君との2ショットを撮るって作戦だったんだけど

 

ラクダの体格とかを考慮して乗る人が選ばれる?ようで

 

 

残念ながら私が後ろになってしまった笑

 

うまくいかないなぁ~

 

 

 

何はともあれ、やっとラクダちゃんに乗れました!!!

 

 

 

その乗り心地は…

 

 

意外と悪くない!!

 

 

けどね、落ちないように必死笑

 

 

落ちないようにハンドルを握りながら、片手でGoPro操作。

 

特に砂漠だから起伏ももちろんあって、下りの時は揺れるし前傾姿勢だしけっこう大変だった!!

 

 

 

キャンプに向かうまでは、サンセットを見ながら~っていうツアーなんだけど

 

残念ながら、砂嵐の為夕日なんて見えたもんじゃなかった!!

 

周りがどんよりとしていて気づいたら暗くなっていました。

 

 

まだサンライズのチャンスがあるから明日に期待!!次はYu君の前に乗るぞ!

 

 

それにしても、前後左右砂漠が広がっていて、方向感覚なんて全く分からない!!

 

 

 

それに日が沈むと真っ暗。

ラクダを引いているラクダ遣い?の人たちはどうやってキャンプの場所がわかるんだろう…

 

 

 

そのままおそらく1時間ほどラクダに乗っていると、砂漠の中にポツンと明かりが見えました。

 

 

今日のキャンプ地です!

 

 

友人夫婦の話だと、2時間ラクダに乗ってウンザリだったと聞いたので笑

 

 

私たちは長すぎず短すぎず、満足できる時間だったかな~と。

 

 

砂漠の中のキャンプ地ってどんな感じ?

 

 

キャンプ場の入り口に着くと、部屋割りをされます。

 

 

大体が4~5人部屋みたいで

 

私たちはツアー中お話してたポーランド人夫婦に誘ってもらい、同じ部屋になりました(^^♪

 

 

 

部屋はこんな感じ!

 

ベッドだと思っていたけど、砂の上に布団笑

 

 

 

こりゃ寝ても覚めても砂まみれだな~笑

 

 

 

屋根などはしっかりしていて風よけはバッチリです!意外と快適!

 

 

このような部屋がいくつもあって、

 

その他には食事用の大部屋がひとつ

 

少し離れたところにトイレ用のテントもありました。(まさか水洗じゃないわよ笑

 

 

晩御飯はやっぱりタジン鍋

 

時間が来たので夕食会場へと向かいます。

 

 

メニューはもちろんチキンタジンです笑

 

 

他のバンで来たであろうカナダ人ツアー客と一緒のテーブルに。

 

ちょっとガラが悪くて、一つのタジンをみんなでつつくのに食べ方が汚くて嫌だった(._.)

 

 

食事中、このキャンプのスタッフの方が大きなバケツを持ってきたと思ったら

 

 

なんと…ビール!!!!!!!

 

 

 

モロッコで初めて見たぜ!!

 

 

みんな『Really!?』とか言って歓声があがってた笑

 

 

350mlの缶で、一本40dh(470円)と高額だったのと、あまりトイレに行きたくなかったので遠慮しました笑

 

 

サハラ砂漠の満点の星空

 

 

食事が終わった後は星を見たくてそそくさと食事会場を出ました。

 

(本当は食後ベルベル人の楽器演奏があったみたいなんだけど出てきちゃった笑)

 

 

 

が、今日は月がかなり明るくて、星があまり見えません。

 

 

そこで私たちは、スマホのライトを使ってこんな遊びをしたりしてました!

 

 

月が傾いた頃にまた起きてみようということで、早々に就寝。

 

 

 

意外とぐっすり眠れてしまうもんです。

 

 

そして朝5時ごろ

 

 

月は傾き、辺りはまっっっっくら。

 

 

 

 

これがサハラ砂漠で見た、満点の星空です!!

 

 

夜の砂漠は肌寒いけど、ずっと見ていたくなるほどの絶景でした。

 

 

こんな星空をみたのはいつぶりだろう。

 

やっぱり私たちの心を震わせるのは、大自然だな~と。つくづく思います。

 

 

 

サンライズとオレンジ色の砂漠に感動!

 

 

星に満足したところで

 

 

このキャンプを何時に出発するんだろう?

 

一応出発準備を終わらせて、ウトウトしていると

 

7時ごろ『行くぞ~~~~』と起こされました。

 

 

なにやらここからサンライズスポットまで砂漠の中を歩くそうです。

 

 

 

外は明るくなり始めていて、さっきまで見えていた星はなくなっていました。

 

みんな、ちゃんと星みたかな?

 

 

 

今日は天気が良さそう!

 

綺麗な朝日が見られるといいな~と意気揚々と歩き始めましたが

 

 

やはり砂に足を取られてなかなかハードでした。

 

サンライズスポット(って言ってもただの砂漠の高い所)に到着して、サンライズを待ちます。

 

 

徐々にオレンジ色になっていく空と、砂漠。

 

 

昨日は暗くて見えなかったけど、砂がとっても綺麗。サラサラ!

 

サンライズ!!

 

バッチリだね。なんて所にいるんだ、私。最高だよ。

 

 

 

 

サンライズを満喫した後は、またラクダに乗って昨日のメルズーガのホテルに戻ります。

 

 

今日はYu君の前のラクダに乗ることに成功!

しかも、Yu君の相棒のラクダちゃん。列を乱し気味で横に並んでくれることも多くて、いい写真がいっぱい撮れました笑

 

 

見渡す限りオレンジ色の砂漠!

 

 

ラクダの行列の影。

 

今日は砂嵐もなく、見たかったサハラ砂漠の景色を存分に満喫できました!!

 

 

来てよかった・・・!!!!!!!!!

 

 

ホテルで朝食後、マラケシュに向け出発

 

30分程ラクダに乗って、ホテルに到着しました。

 

 

ホテルには朝食が用意されていて、またパンだらけの朝食を頂きました。

 

歯磨きくらいしたかったんだけど、かなり急かされてバンに乗り込み、マラケシュに出発です。

 

 

 

今日は特にイベントもなく、ただひたすらマラケシュに戻るだけ。

 

 

途中寄ったレストランでランチ。

 

高かったけど夜が遅くなりそうなので今日は1人ずつしっかり食べよう!

 

と、頼んだのがサラダとスパゲティとデザートのセット90dh(1050円)

 

このスパゲティが人生で食べた麺類のなかで一番まずかったね。

 

50分茹でて3日放置して15分温めたんかってくらいフニャフニャだったわ五右衛門行きたいわ。

 

 

マラケシュに到着!!!

 

夜8時過ぎ、マラケシュのフナ広場に到着!!!

 

 

長いようであっという間だった2泊3日のツアー終了!!!

 

 

 

へとへとで到着してこの後、すんごい嫌なことが多発するんだけど、それはまた別の記事で笑

 

 

 

まとめ

 

2泊3日のサハラ砂漠ツアー

 

結構ハードなスケジュールで大変かな~とも思ったのですが、意外と体は疲れておらず。

3日目の一気にマラケシュに戻る移動が大変だったかな~という程度でした!!

(70代くらいのおばあちゃんも参加してたくらいです!)

 

個人で行こうと考えていた時は行く予定じゃなかったアイト・ベン・ハッドゥや、ティネリールの街などもガイド付きで見て周れたのはよかったかな~と思います!

 

 

なによりメインのサハラ砂漠は絶対に行きたい場所で期待も大きかったのですが

期待通りの感動を味わうことができました!

 

 

それぞれの宿や食事のクオリティはイマイチですが笑

 

9000円でこんな体験ができるなら、最高だとおもいます!!

 

 

行って良かった!!!!本当に!!!!

 

 

sponsored link

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-モロッコ
-, , , ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.