30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【2018年最新】インドアライバルビザの取り方《デリー インディラガンディー空港》

更新日:



          

2018.5.22

 

ブログを見ていただいてありがとうございます!!

 

 

Tocoです(●^o^●)

 

 

 

ネパールから、インドへ無事に到着いたしました!!

 

 

 

インドへ入国する際は、必ずビザが必要になります!

 

 

 

 

ビザの申請には

 

①日本で予め取得していく。

②隣国の大使館等で取得する。

③e-VISAを申請する。

④到着空港でアライバルビザを取得する。

 

 

これか主になるかなーと思います。

 

 

日本からインドに向かう方は、事前に日本で取得していくのが安心かと思いますが、パスポートを大使館に送ったりする必要があり、時間もかかります。

 

 

私達のような長期旅行者は、いつインドに入るかもわからないし、事前に取得していくのは困難…

 

 

e-VISAの取得もできますが、申請がかなり面倒くさいとの噂。

 

 

 

私達は、アライバルビザを取得することにしました!

 

sponsored link


アライバルビザを取れる空港は、この6つの空港。

バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ

 

今回私達はデリーのインディラガンディー空港で取得しました。

 

 

 

アライバルビザの情報に関しては、他の方が書いてらっしゃるブログを参考にしたのですが…

 

 

 

デリー空港でのアライバルビザカウンターの場所が変更になっていたようなので、最新情報を載せておきます!

 

 

また、この場所もいつ変更になるかわからないので、2018年5月現在の情報ということでご了承ください。

 

 

 

また、飛行機の到着口の関係で、道順が異なる場合があります。

 

 

まず、アライバルビザを取得する前提として、こちらの条件があります。

・入国目的がビジネスや観光、会議への出席や医療目的で、滞在期間が60日を越えない場合;

・インド国内に住居を持たず、また就労もしていない方;

・有効期限が6か月以上のパスポートを所持している方;

・良好な財政状況にある方(証明として帰国便のチケットの提示が求められます。また、滞在費が賄えることを証明する必要があります);

・インド政府によって『好ましからざる人物(persona-non-grata)』に指定されていない方;

好ましくない人物とみなされない方;

 

 

インドはビザが必要だけど、日本人だけがアライバルビザを認められているんです。

 

本当に、日本のパスポートは最強ですよね。

現在、日本のパスポートはビザなしで入国できる国の数が世界一多いのです。

 

 

十分な費用、ってのがひっかかるけど、クレジットカードを持っていれば大丈夫かと…

 

 

あとは、インドから出国するチケットを持っているかっていうところが長期旅行者にとってかなりネックになると思います。

 

私達は、これまた旅の先人たちのブログを参考にダミーチケットを用意しました。

 

 

ダミーチケットって言い方はアレだけど笑

 

 

 

と、いうのは

Fly Dubaiという航空会社のチケットは、《後払い》というのが選択でき、24時間以内に支払いがされなければ自動キャンセルされるという物。

 

 

キャンセル料もかかりません!

 

しかもきちんとeチケットも送られてきます〜。

 

 

ビザの申請書には、出国日と出国便名を書く欄があるので、出国する日の朝に一応取得しました。

 

 

これで準備は完了です。

 

 

あとはインドに着いて、ビザを取るだけ!

 

 

 

まずは、私の取得していた情報。

 

 

他の方のブログを見ると、到着口が2階で、入国審査カウンターのある階へエスカレーターで降りている方が多かったのです。

 

そして、入国審査カウンターが並んでいるので、VISA on arrivalの看板に従って奥へ進む。という情報。

 

 

迷うことはまず無い、と言い切られている。

 

 

私達は到着口が入国審査カウンターのある階と同じ階で、道なりに進んでいくと入国審査カウンターがありました。

 

しかーし!!

 

 

VISA on arrivalの看板がまず無い!!笑

 

 

 

でも、こんな看板が立っていました。

 

 

んん?方向的には到着口の方向。

 

 

通ってきたはずだけど、そんなところあったかな?

 

 

 

でも他の方のブログでは、カウンターの奥に進むって書いてあったし。。写真での説明もあったから、その通り行ってみよう…

 

 

 

 

しかし奥へ行ってもアライバルビザのカウンターなんぞありません。

 

 

 

奥の方はe−VISAのカウンターでした。

 

 

 

e−VISAカウンターの人に、アライバルビザカウンターの場所を聞くと、

 

 

やはり到着口方向を指差して

『あっちのエスカレーターのあたりだ』

と言います。

 

 

 

 

えー!まじか

 

 

この看板が合っているのか…

 

 

 

ん?

 

 

このマーク。見た気がする…

 

 

 

到着口から歩いて来るときに、このマークが書いてある部屋があった。

 

 

 

向かってみる。

 

 

でもVISA on arrivalとか全く書いてないし、なんなら立ち入り禁止みたいな看板出てるし、人いないし…

 

 

 

 

 

 

人…いる。笑

 

 

 

 

覗いてみるとカウンターに隠れておじさんが1人いる。

 

 

 

立ち入り禁止っぽいけど恐る恐るドアを開けてみる。

 

 

 

『オー!ジャパニーズ?!』とおじさん。

 

 

 

 

 

ここかーーーい!!!

 

 

 

もうちょいわかりやすく出来ないもんかねえ?!?!?!

 

 

ってくらい分かりづらいです!!!

 

 

 

入国審査カウンターに向かって左側に階段とエスカレーターがあると思います。

sponsored link

それの奥です奥!

 

こんなガラス張りのお部屋がアライバルビザカウンターです。

 

しかも、e−VISAカウンターの人が場所を教えてくれたけど、

 

 

実はその他2人に場所を聞いています。

 

一人はe−VISAカウンターを指差し、一人はアライバルビザのことすら知らなかったです。

 

インドの空港の職員ですら!

 

日本人がアライバルビザを取れることをよくわかってないのかも。

 

 

 

カウンターをみつけてからはサクサクです!

 

ここでかなり時間がかかったっていう話もあるけど、私達の時は

 

おじさん、なんでそんなに急かすんだい?ってくらい速かった。

 

 

 

私達が到着した時点で、入国審査の職員さんを電話で呼んで

 

職員さんを待つ間に申請書、入国カードを書いて、ビザ代の支払いを済ませます。

 

 

ビザ代は一人2000ルピー(3270円)。

 

 

有無を言わさずクレジットカード決済です。

 

 

書類が完成してから5分ほど待つと、入国審査の職員さんが来て、その場で入国審査!

 

私達二人だけのために笑

 

 

とっても優しくにこやかな方で、雑談しながら入国審査笑

 

 

 

そこでスタンプをもらい、入国審査カウンターを通るところまで連れて行ってくれました!

 

 

無事にインド入国です!!

 

 

 

 

 

バタバタしていたので写真が少なくて分かりづらいのですが、これが私達の体験でした!

 

 

場所が分かりづらいだけで、アライバルビザの取得自体はとても簡単でした。

 

 

 

これからインドに行かれる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-インド
-, , , ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.