30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【ベトナム】ダナン~ニャチャン スリーピングバスで移動!《FUTA Bus Lines利用》

更新日:



2018.4.4

 

ブログを見て頂いてありがとうございます!!

 

Tocoです~!(^^)!

 

 

今日でYu君パパママともお別れして、二人旅に戻ります…。

 

 

1週間ワイワイと旅行していたから急に二人になると寂しいなぁ。

 

 

 

でも、詰め込んで遊んでいたのは確かなので、次の街ニャチャンではとにかくのんびりしようと思っています!!

 

 

 

ということで、今日の夜行バスでニャチャンへ移動です!!

 

ニャチャンはダナンから約530km離れた町。

 

バスでは12時間かかる長旅です~。

 

 

ハノイからフエに移動する際にトラブルありで24時間かかってしまった経験があるので、少し怖い。

 

その時の記事はこちら↓↓↓

【ベトナム】ハノイからフエへ、長距離バスで移動!スリーピングバス初体験!《トラブルありで24h》

 

 

 

だからってダナン―ニャチャン間を飛行機で行こうとするとホーチミン経由になるというとっても無駄な移動。

 

しかも、ダナンからニャチャンへの行き方の情報が少なくて。

 

 

 

そこで今回私たちが利用した、FUTA Bus Linesでの移動をご紹介します!!

sponsored link



FUTA Bus Linesとは

ベトナム大手の交通関係の会社。タクシーやローカルバスをはじめ、

The Sinh Touristと同じようなスリーピングバスで都市間の長距離バスを扱っています。

 

しかもHPからネット予約&クレジットカード決済可で便利!!

 

 

The Sinh Touristもネット予約できるけど、クレジットカード決済がベトナムで作成したカードしか使えないという情報があったので、いちいちオフィスに予約しに行っていました。

 

でもネット予約ってその場でチケットもらえるわけじゃないし、ちゃんと予約できているかどうか乗るまで不安なのが難点。笑

 

 

 

今回はまったく問題なく予約・乗車できたので、ご紹介しますねー!

 

FUTA Bus LinesのHPからチケット予約する

 

まずはHPを開きます。

 

こちらから開けます。

 

始めはベトナム語になっていると思うので右上にある言語設定をEnglishに変えましょう。

(だいたいがベトナム語のままですが、大事なところは英語になっているので大丈夫です笑)

 

 

出発地(Origin)と到着地(Destination)を選択する

 

私たちはダナン(Da nang)発  ニャチャン(Nha trang)着

 

出発の日付と人数(Number of Ticket)を入力し、Book Nowをクリックします。

 

 

座席指定

次に座席指定のページが出てきます。

 

 

画面左側に、出発時間の選択とピックアップ場所の選択箇所があるのでそれぞれ選択してくだいさい。

 

私たちはターミナルバスステーションから乗車しました。

 

 

座席は2段の3列シート。

 

前回同じ形のスリーピングバスに乗った時、次は下の席にしようと思ったのです。

 

 

 

なぜなら、通路に荷物が置けるから!!足元が広く使えます。

 

 

且つ、あまり人の通らない後ろの方の席を選択しました。(後に失敗するかも)

 

席は下段の方が人気なのか、ほとんどが埋まっていました。

 

お好きな席を選択したらNextをクリックします。

 

 

乗客情報の入力

必要事項を入力します。

 

入力したらNextをクリックします。

 

決済画面

(スクショありません)

クレジットカードの決済画面が出るので必要事項を入力します。

 

 

予約が完了したら、入力したメールアドレスにQRコード付きのeチケットが送られてくるので、当日チケットカウンターでメール画面を見せて、乗車券に引き換えます。

 

 

料金

 

 

ダナン―ニャチャン間で2人で2141円引き落とされていました。

1人1000円ほどですね!

 

 

ピックアップ場所

 

希望の場所までのピックアップサービスもあるようですが、電話する必要があったのでハードルが高く利用しませんでした。(ホテルの人に頼めばいけるかも)

 

私たちはウーバーでダナンのターミナルバスステーションまで行きました。

 

 

このウーバーの運転手さん(27歳・日本人のお嫁さんが欲しい)とってもいい人でFUTAのバス乗り場までしっかり連れて行ってくれました。

 

 

チケットの受け取りと、当日の注意点

 

出発当日はチケットを受け取るためにバス乗車の1時間前までにバスステーションのFUTA Bus Linesのカウンターに来るように、と届いたeチケットに記載があります。

 

ウーバーの運転手さんが降ろしてくれた、FUTAのバス乗り場は待合室の端のほうの11番乗り場です。

 

そこにFUTA Expressと書いたカウンターがあるのですが、こちらはチケットの受取場ではないので注意!!

 

私たちはてっきりここだと思っていたのですが、カウンターにスタッフは現れずしばらく待ちました。

 

 

乗車の1時間前になってもスタッフが現れなかったので、バスステーションの待合室を出て少し歩いて探したところ、色々なバス会社のチケットカウンターが並ぶブースがあり、そこにFUTA Bus Linesのチケットカウンターもありました。

そちらでeチケットを見せて、乗車券をもらえました。(一安心)

 

そこのチケットカウンターで一応乗車場所の確認をしてください。

 

 

待ち時間

 

待合室には小さな売店がいくつかあるので、お菓子や飲み物は買えます。

 

トイレもあります。

 

フォーが食べられるところもありました。

 

 

 

ダナン名物のココナッツクッキーを買ってみた。

 

3万ドン(140円)

 

歯ごたえがあっておいしい。

 

 

バスに乗車

 

FUTAバスの特徴はオレンジの車体

11番乗り場にはほかのバス会社のバスも停まりますが(オレンジっぽいのもある)

バス正面の上の方にFUTAと書いてあるのと、行先が間違いないか確認して乗り込みましょう。(チケット確認してもらえるので大丈夫だと思いますが。)

 

大きい荷物は荷物入れに預けます。

 

座席は狭いので持ち込む荷物は貴重品など最小限に!

 

 

土足厳禁の車内です。入り口で靴を脱いで、もらった袋にいれて乗ります。

 

 

座席は、、、

 

 

あれ?指定した座席と違うような。

 

 

このバス、基本は2段の3列シートで一人一人独立したベッドなんですが

一番後ろの席だけは5席横並びになっているんです。

 

隣がいなければ広々なんですが

 

なんとこの日は混み混み~!

 

 

一番後ろの5人並び席もびっしりです。

 

しかも男性ばかり・・・。

 

 

私が独立した席で、Yu君が5人席のど真ん中というかなりカオスな状態笑

 

 

幸い私の隣の独立席に人が来なかったので、そちらに移動できました笑

 

 

出発 休憩

 

20時40分定刻でバスは発車しました。

 

 

早々に電気も消され夢の中。

 

途中23時ごろトイレ休憩。

 

 

その後は朝まで休憩なしでした。(寝てて気づかなかった?いや、気づくはず)

sponsored link


 

ニャチャンに到着!

 

今回は特にトラブルもなく、無事ニャチャンに到着しました!!

 

予定より少し早い11時間くらいかな。

 

 

しかし到着場所はニャチャンの中心地ではありません!!(車で15分程の距離)

 

 

そこにタクシーが待ち構えていて、どこにいくんだー攻撃。

 

 

 

さすがに荷物をもって歩ける距離ではなさそうだったので、タクシーを利用しました。

 

 

が!!

 

 

タクシーに乗り込む時、ちらっとFUTAバスと書いたワゴンが到着していた。

 

 

もしかしたら街中まで連れて行ってくれるシャトルだったのかも!?

 

 

韓国人とかはタクシーを使っていましたが…。

 

 

詳細はわかりませんが、周りのベトナム人の様子をうかがってからのほうがいいかも。

 

 

まあタクシーでも街中(海沿い)のホテルまで10万ドン(470円)程度なんですけどね。

 

 

 

そんなこんなで無事ニャチャン入りで~す!!(*^-^*)

 

 

ホテルは海から徒歩5分圏内、周りに飲食店多数!!

 

 

ありがたいことに朝9時にはチェックインさせてもらえるとのことだったので、近くのカフェで朝ごはんを食べて待ちました。

 

 

部屋は特大ベッドで快適~!

 

ビーチリゾートなのに宿は1000円ちょい。最高か!!

 

 

 

宿の向かいには激安フルーツショップ。すごくにぎわっている。

 

見に行ってみると、フルーツジュース(これはマンゴーパッションフルーツ)が1万ドン(47円)で飲めてしまう。最高か!!

通いますね、これは。

 

 

 

ニャチャンはロシア人にとってのハワイ的存在らしく、ロシア人だらけ。

お店もロシア語表記だらけ。

 

しかもロシア料理、ギリシャ料理、インド料理などなど多国籍料理天国!!

ベトナム料理(米の麺)に飽きてきた頃に、最高か!!

 

 

 

海を見に行ってみると、もうニャチャンの虜です。

 

ニャチャンに4泊の予定でしたが、到着して数時間で延泊を決めた二人でした。

 

 

6泊します!!

 

 

 

のんびりするぞーーー!!(=ブログネタなしになる可能性笑)

sponsored link

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-ベトナム
-, , , , ,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.