30歳を目前に、仕事を辞め、夫婦で世界一周旅に出ています。 各地で撮った写真やタメになるような情報などを紹介しています。

【オーストラリア】ケアンズ3日目 世界遺産・熱帯雨林キュランダ観光

投稿日:



          

ブログを見ていただいてありがとうございます!

Tocoです(●^o^●)

今日も天気が悪いだろうと特別予定をたてていませんでしたが、朝起きると曇りやや晴れ間。

 

お?   お?

 

行けちゃう?キュランダ行けちゃう?

と、いうことで急遽キュランダ行き決定~ヽ(^o^)丿

 

キュランダは世界最古の熱帯雨林と呼ばれており、世界遺産にも登録されています。

ケアンズ市内から車で北へ40分ほど離れた場所にある観光地です。

たくさんのツアーが出ているようですが、私たちは個人手配で行くことにしました。

 

キュランダ村に行くにはいくつか方法があるようですが、

私たちはケアンズ駅から出ているキュランダ行きの高原列車に乗っていき、帰りはスカイレールというロープウェイで山を下り、(キュランダ村は結構山の上にあります)山の麓からはバスでケアンズまで戻る、というプラン。(2人で$225 19,965円)

 

キュランダ行きの高原列車は、1日2本しか出ていません。

am8:30とam9:30の2本のみ。

朝起きたのは8時過ぎ。

9:30の列車をめがけて行くことにしました。

 

ケアンズ駅を入ったところに、キュランダ行きのチケットカウンターがあります。

事前調査によると、高原列車は後ろ側の車両に乗った方が良い写真が取れるとのこと!

当日ギリギリにチケットを取ったので、後方車両の窓側、、、なんて無理かなーとも思いましたが、

思い通りの良い席がばっちり取れましたヽ(^o^)丿

 

日本のツアー客の方もたくさんいて、一つの車両が埋め尽くされていました。

 

高原列車は古いながらも、ウォーターサーバーやトイレも完備。

椅子もふかふかで乗り心地はよかったです!(^^)!

 

約40分遅れで出発した列車は、ケアンズ市内を抜け、山の中へと入って行きます。

道中は殆どが草木やトンネルで視界が悪いのですが、いきなり パッ とひらける瞬間があります。

広大な景色が素晴らしい!

 

そして、高原列車ならではの一番のビューポイント!

 

 

これ、見覚えありませんか?

 

 

そうです!"世界の車窓から"のあのシーンです(●^o^●)

これが!後方車両に乗った人の特権!前の車両からは見られない風景です。

そしてこのビューポイント、反対側には大きな滝が。

 

ビューポイントを過ぎ、しばらく行くと列車は一時停車します。

こちらも観光名所であるバロン滝が見える高台で列車を降りて見ることができます。

先ほどの滝とは違い、水が茶色い。

というか、バロン川全体がすごく茶色い。

渓流釣りしていた私たちには見慣れない色でした笑

それにしても大迫力。

 

一通り写真を撮って、乗客達は列車に戻ります。

 

ほどなくして列車はキュランダ村に到着しました。

乗車時間は約2時間。

お昼の12時を過ぎていました。

 

とりあえず腹ぺこな私たちは、村のお土産屋さんには目もくれず、目星をつけていたレストランへと直行します。

村の中にはレストランやカフェなどがたくさんあります。

私たちが入ったのはキュランダ レインフォレスト ビューレストラン

森の中の南国風ダイニング。

定番のシーフードやイタリアン、ハンバーガーなどもありますが

私達が食べたのはカルボナーラと

カンガルーとクロコダイル(ワニ)

地元の人は食べないんだろうな笑

なんだろ、北海道でいう鹿肉的な。

 

怖いものみたさ、、、って訳でもなく。

不味くはないでしょ、と。

結構お値段は張りましたが(合わせて$67!5,945円)、

その土地で食べられる物、食べておきたくて。(食への執着がすごい。

カンガルーは割としっかりとした赤身のお肉。

ワニは白身なんだけど、筋肉食べてますっていう歯ごたえ笑

どちらも臭みもなく、美味しく頂きました(●^o^●)

 

腹ごしらえをしたあとは村の中を散策します。

 

キュランダ村の中にはレストランやお土産屋さんの他に、アクティビティもたくさんあります。

1500羽以上の熱帯の蝶が飼育されているバタフライサンクチュアリや、オーストラリアを象徴する動物(ワラビー、カンガルー、クロコダイルなど)が飼育されており、コアラ抱っこの写真が撮れるコアラガーデンズ、熱帯雨林クルーズなどなど。

どこもさほど広くはありませんが入場料は$19(1,685円)前後とお高め。

私達が限られた時間の中でなにをしたかというと、、、

 

 

熱帯雨林ウォーク(無料)

 

だってさ蝶とか別にいいしコアラ抱っこも興味ないんだもん。

バロン川も茶色いし。

それなら世界遺産の熱帯雨林を!この足で!踏みしめて!噛みしめよう!

ということになりました。

結果!

満足!これが私たちの正解!

キュランダ村の周りにはぐるっとウォーキングコースがあります。

私たちはジュンランウォーク、ジャングルウォーク、リバーウォークの計3kmほどを散策しました。

途中茶色いバロン川(まだ言うか)を渡ったり

ヒクイドリによく似た鳥に出会ったり

セミの群がるポイントに出会ったり

虫に刺されたり

 

楽しいお散歩となりました(^^)

キュランダ村の入り口に戻る頃にはもうヘトヘト。

 

少し早いけどスカイレールに乗って山を降りることにしました。

スカイレールは6人乗りのゴンドラ。

2人の私たちは他の乗客と相乗りになります。

スカイレール、意外と高い!!

私たちは高いところが平気なので楽しんでいましたが、高所恐怖症の人はつらいかも。

途中、バロン滝(茶色い)の見えるスポットで降りることができます。

一応降りてもう一度バロン滝(茶)を見ます。

 

先ほどの列車側と反対側から見ることができます。

茶色い!(しつこい

そしてスカイレールに戻る頃に雨が降ってきました。帰り際でよかった!

そのまま山の麓まで降りて、バスでケアンズまで戻ってきました。

 

ケアンズに来て、やっと観光らしいことができて嬉しい!!

いい1日でしたヽ(^o^)丿

関連記事

関連記事(一部広告含む)

-オーストラリア
-,

error:

Copyright© とことこ ゆとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.